早稲田大学石田研究室


制限視野における速度評価に関する一研究

阿部田 圭吾


1. 研究目的

車が一層過密化するわが国の交通環境において,危機場面,緊急事態にドライバーが遭遇する可能性が高まっている.このような状況下にあって,シミュレータを用いての緊急事態の体験,その対処法の訓練の必要性がますます望まれている.

今回の実験では,実際の運転状況において起こりうるような,視野制限状況についての理解を深めることを目的とした.

見えの範囲が変化した場合の主観的速度感を調べる.主観的速度感に影響を及ぼす視覚的な要因を明らかにすることで,実際の運転時に生じる視野制限を,シミュレータで再現するための,基礎的なデータを提供する.

2. 実験方法

実際の運転時に撮影した映像を提示し,その速度に関して,相対評価で推定してもらった.その際,映像が映し出す範囲,提示速度を様々に変えて実験を行った.映像の大きさに関して各条件を変えて行うものを実験1,映像の構成部分に関して行うものを実験2とした.

刺激映像の作成
図1 刺激映像の作成

映像にスリットを重ね,そこから見える映像に対して速度評価を行う.

3. 結果

・映像の提示速度と速度評価値の回帰直線

実験1(提示範囲2度,理論値)
図2 実験1(提示範囲2度,理論値)

実験1(提示範囲32度,理論値)
図3 実験1(提示範囲32度,理論値)

(1)提示速度が遅い場合では,提示速度が狭い方が,評価値が大きくなった.
(2)提示速度が速い場合では,提示範囲が広い方が,評価値が大きくなった.
(3)提示範囲が広くなるほど,提示速度の増加に対する速度評価値の変化の割合が大きくなった.

実験2(提示位置下2,理論値)
図4 実験2(提示位置下2,理論値)

実験2(提示位置上1,理論値)
図5 実験2(提示位置上1,理論値)

(1)各提示範囲が下2の場合,各提示速度を通じて,理論値よりも大きかった.
(2)提示速度が遅い場合では,速度評価値について,中央から上下方向に行くにしたがって,評価値が大きくなった.
(3)提示速度が速い場合では,速度表価値について,中央からやや外れた部分において,最も小さかった.
(4)提示速度に対する変化の割合は,提示部分ごとに異なった.

4. 考察・結論

映像の提示範囲の変化による影響は,提示速度の増加に伴う,速度評価値の変化の割合に,最も顕著に表れたといえる.提示範囲が広くなるほど,奥方向から,手前方向への流れ運動が頻繁に起こり,提示速度の変化に敏感に反応すると考えられる.

また映像の提示部分の変化による影響も,速度評価値の変化の割合に,最も顕著に表れた.映像を分割すると,分割された個々の部分において,速度評価に対する独自の影響を持ち始めるようである.


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー