早稲田大学石田研究室


交差点における見切り発車による出合頭衝突事故に関する研究

小林 哲人


1. 目的

交差点を通過するドライバーは,さまざまな情報を的確に判断し,直進や左折をする.中でも信号機がドライバーの状況判断に及ぼす影響は大きいと考えられる.このような状況を踏まえ本研究では右折信号機のある交差点とない交差点がそれぞれドライバーにどのような影響を及ぼすかを分析し,交差点内での事故を減少させるための可能性についての提案を試みることを目的とする.

2. 方法

交差点の調査対象として,右折専用信号機がある交差点とない交差点のそれぞれの構造,交通量などの条件はなるべく同じになるように統制し,それぞれの交差点をビデオカメラで撮影し,各信号状態における交差点通過車両台数を計測した.

3. 結果

ビデオ観測によって得られた各データの平均値および標準偏差を表1にしめす.また1秒あたりの各条件における交差点の通過台数を表2に示す.

右折信号が点灯している時の交差点内の状況は,走行している車両は基本的に全て右折車であるため,右折専用信号のない交差点を右折する時よりもドライバーが収集,判断しなくてはならない情報や状況は少ないということができる.

黄信号が点灯している時の交差点内の状況はいろいろある.対向車が直進してくるか,止まるかといったさまざまな判断をドライバーは短い時間に判断しなくてはならない.

右折信号がある交差点では,黄信号から側方の信号が青に変わるまでに時間的な余裕があるために,ドライバーは状況の判断に心理的な余裕を持つことができると考えられる.

表1 東新井町の交差点の1秒あたりの通過台数
東新井町の交差点の1秒あたりの通過台数

表2 第六天交差点の1秒あたりの通過台数
第六天交差点の1秒あたりの通過台数

4. 結論

右折信号のある交差点に比べて,右折信号のない交差点では状況判断に必要な時間が少なく対向車に対する距離ギャップが短くなると思われる.また,同様の理由で右折信号のない交差点では,側方の信号が切り替わるタイミングが早いため,時間ギャップが短くなると思われる.その結果ドライバーの判断ミスによる出合頭事故は起こるということができる.


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー